ハワイホノルルで透析を受ける。
「ハワイ透析デビュー」
ハワイで透析デビューするには、


トラベルデスク
[ハワイへの旅行について]
新型コロナ感染症の関係でハワイでの透析予約の受付が全て停止されていましたが、旅行者透析の予約受付を再開いたしました。

[お知らせ]
日本からハワイへ渡航する方は、出発前にハワイ州の「Safe Travels Program (https://safetravels.hawaii.gov/)」へ登録し、健康状態や渡航情報の申請が義務付けられています。ハワイの空港到着時に、パスポートと共にSafe Travels Programより取得したハワイ州トラベル&ヘルスフォームのQRコードを提示する必要がありますので、事前にご準備ください。

ビザ免除プログラム(VWP)で渡米される方は、エスタ(ESTA)の取得が必要となります。

ハワイ州トラベル&ヘルスフォームには、到着時の健康状態により必要となる自己隔離措置についての情報も記載されています。

2021年7月5日からワクチン接種証明があれば、ハワイ到着後の隔離措置が免除される予定です。
詳細が分かりましたらお知らせいたします。

現在の状況は、下記の通りです。
日本からハワイ到着後の10日間自己隔離の免除を受けるためには、ハワイ州の定める以下の条件に沿った陰性証明書を入国時に提示する必要があります。

■日本を出発する72時間以内に新型コロナウイルス感染症の検査を受診
■ハワイ州保健局指定の医療機関こちらにて、厚生労働省認可のPCR検査含む核酸増幅検査(NAAT)を受診
■ハワイ州保健局が指定する陰性証明書の取得
※ハワイ州指定外の陰性証明書を持参した場合は、10日間自己隔離の免除の対象とはなりません。

【オアフ島(ホノルル)以外の島へ渡航について】
【日本からオアフ島到着の場合】
日本を出発する72時間以内にハワイ州保健局が指定する日本国内の医療機関で、厚生労働省により承認されているPCR検査を含む核酸増幅検査(※NAT)を行い、ハワイ州保健局が指定する陰性証明書(英語)を発行してもらった原本を空港にてQRコードとともに提示してください。

【オアフ島到着後、同日乗継での隣島訪問の場合】
同日で乗継便で隣島訪問される場合は、各島に到着した際に日本国内のハワイ州指定医療機関が発行した陰性証明書原本とQRコード(オアフ島から隣島間で別にQRコードが必要になります)を提示していただくと10日間自己隔離が免除になります(カウアイ島は2020年12月2日より適用外、陰性書証明提示の有無関係なく10日間自己隔離が必須となります。)。ただし、ハワイ島に関しては到着後に空港にて渡航者全員に抗原検査を受けていただくことが必須となります。

【オアフ島にて宿泊し、別日に乗継での隣島訪問の場合】
日本から到着し同日での乗継を行わない限り、日本国内のハワイ州指定医療機関発行の陰性証明書の効力は無効となります。別日にオアフ島から隣島へ出発する場合、オアフ島で72時間以内にハワイ州保健局指定医療機関で、アメリカ食品医薬局(FDA)により承認されているPCR検査を含む核酸増幅検査(※NAAT)を行い、指定の陰性証明書を発行してもらわなければいけません。

(注意)オアフ島で到着後10日間自己隔離を完了した場合でも、隣島を訪問する際にも上記の通り事前検査を受けての訪問が必須となります。

(注意)カウアイ島は2020年12月2日より指定陰性書証明提示の有無関係なく10日間自己隔離が必須となります。

(注意)ハワイ島は2020年12月2日より空港到着後、渡航者全員に抗原検査を受けていただくことが必須となります。

[出典]
ハワイ観光局COVID19サイトより

また、帰国後の透析治療受け入れ先につきましても事前に確保しておく必要があります。
一部医療機関で可能とのことです。
ホノルルでの透析につきましては、従来と同じように送迎付きで受けられるように準備が完了しています。
その他のハワイ州での透析につきましては、電話による日本語サポートをいたします。

ハワイへとお考えの場合は、状況をお伝えして、ご了解の後にハワイの透析病院に透析予約をいたしますので、お問合せをお待ちいたしております。

トラベルデスク


 

初めての海外旅行透析は、ハワイで受けられることをお勧めいたします。
透析を導入して初めてのご旅行は、透析治療についてのご不安が伴います。
合わせて言葉の問題もご心配をされます。
ハワイでの透析は、日本人看護婦さんの在籍している透析センターにご案内いたします。
きめ細かな日本人看護婦さんのホスピタリティ溢れる透析治療をお受けになってみてください。

また、初回透析日は、お泊まりのホテルから透析センターまで日本人担当がお送りいたします。
そのため、透析センターの場所のご心配も必要ございません。
以上の理由から初めての透析デビューは、ハワイの透析センターをお勧めいたしております。
透析センターも日本人旅行客専用の透析センターにご案内いたします。
こちらのセンターは、月曜日から土曜日まで一日3シフトで治療をお受けいたしております。
通常は、朝6時30分からの第一シフトをお勧めしています。
第一シフトの場合は、午前中に透析治療が終わりますので、午後からは、たっぷりとハワイをお楽しみいただけます。

お勧めの透析センターは、US Renal Care Kapaful Dialysis Center(USRCカパフル透析センター)になります。

- USRC Kapahulu Dialysys Center - 
カパフル透析センターカパフル透析センター
カパフル透析センター

カパフル透析センターは、ホノルルの北のアラワイ運河を越えたカパフル通りにあります。

レナーズべーカリーの近くです。
ワイキキの主要ホテルから車で10分程度の位置にあります。

-地図-


透析初回の往路は、日本人担当者がホテルから透析センターまでお送りいたしますので、安心して透析をお受けください。
ハワイの透析コーディネータは、日本人2名で担当しています。
透析センターの看護師さんも日本人ですから、言葉の心配は全くいりません。
また、日本人独特のきめ細やかな対応をさせていただきます。

手続き処理フロー

項番
予定
項目
処理
1.60日前以上ご旅行計画旅行計画を立てる
2.主治医への渡航相談旅行計画に合わせて透析日を相談する
3.60日前以上海外透析ご予約・お申込みフォーム、メール、お電話で申込む
4.60日前以上ご案内と提出書類を郵送透析案内と程出書類を受取る
5.40日前以上主治医に提出書類の記入を依頼提出書類を主治医に提出する。
6.21日前以上提出書類を受取弊社宛にFAXにて送信提出書類を受け取ったらFAXにて送る
7.各種医療データ・書類を現地クリニックへ提出ハワイの透析センターに書類を提出して確認していただく
8.7日前ご予約確認書を郵送提出書類確認後に予約確認書が送られてくるので郵送します
9.ハワイへ出発当日の午前中に日本で透析治療後に出発
10.ハワイで透析(1回目)ホテルまでお迎えに参ります。日本語で透析を受ける。
11.ハワイで透析(2回目)
12.帰国

ハワイの透析の詳細については、ハワイ透析のページをご覧になって下さい。

ハワイホノルルでの透析手配料金は、下記の通りです。

費目
金額
説明
透析予約代行費
US$400.00
初回往路片道送迎費用を含む
 内お申込金として振込
 19,800円
US$200.00相当額
 残金として
US$200.00
透析初日にお支払いください。

ぜひ、透析デビューあるいはハワイがお気に入りという方も透析をハワイでとお考えでしたら弊社までご相談をしてください。
どんな細かな疑問も解決させていただきます。
料金は、無料ですので、安心してトラベルデスクまでメールあるいはフォームまたはお電話でお問合せ、お申し込みをしてください。
お待ちしています。

海外旅行透析のトラベルデスク

ハワイの透析予約お問い合わせとお申し込みは、下記のボタンまたは、お電話にてご連絡して下さい。
お待ちいたしております。

海外旅行透析のトラベルデスク

海外旅行透析のトラベルデスク

海外旅行透析のトラベルデスク

ハワイのホテルのご案内は、下記のページからご確認ください。
世界のホテル




Booking.com

 




Booking.com

投稿日:2019年11月19日 更新日:

執筆者:




2021年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  



Booking.com



Booking.com